賃貸・お部屋探しならいい部屋ネットが充実したお得で安心のサービスで快適な住まいをご提供します。

閉じる
閉じる

道路斜線制限

(どうろしゃせんせいげん)
別称・略称
道路高さ制限
道路斜線制限とは、都市計画区域内において、道路の日光の確保や採光への影響、周辺の景観への圧迫感を与えないように設けられた建築物の高さの制限を指す。
建築物を建てる際には、道路斜線制限によって、起点となる前面道路の反対側の境界線からかかる一定の斜線勾配の範囲内で行わなければいけない。道路斜線は用途地域や容積率の限度、道路の幅など、さまざまな条件によって異なり、建物の高さや角度が決まる。ただし、アンテナなどの建築設備や条件を満たした太陽光発電設備は、建築物の高さに含まれない。
道路斜線制限の基本的なルールに加え、高低差緩和や公園による緩和など緩和条件も設けられている。高低差緩和は、建物の前面道路と敷地の地盤に1m以上の高低差がある場合に適用される。公園による緩和は、建物を建てたい敷地の前面道路の反対側に公園や川などの水面がある場合に適用される。
「と」から始まる用語一覧の戻る
の賃貸(賃貸マンション・アパート)物件情報
いい部屋探すなら、いい部屋ネット!