賃貸・お部屋探しならいい部屋ネットが充実したお得で安心のサービスで快適な住まいをご提供します。

閉じる
閉じる

「ひ」から始まる用語一覧

8
ビザンティン様式
(びざんてぃんようしき)
ビザンティン様式は、東ローマ帝国、ビサンティン帝国を中心にして発展した建築様式を指す。初期キリスト教の美術・建築様式を基本としながらも、古代アジアやペルシャ方面からの文化的影響を強く受けている。 ビザンティン様式の建造物は建物の中央に巨大なドームが造られているのが特徴で、ドームの内部はモザイク壁画などで美しく装飾されている。ビザンティン様式の建築はもともとキリスト教の礼拝堂や教会施設であったが、帝国滅亡後の歴史的な経緯からイスラム教など他宗教の寺院として改修されているものもある。世界に現存する代表的なビザンティン様式の建造物として、トルコのイスタンブールにあるハギア・ソフィア大聖堂やイタリア・ベネチアのセント・マルコ大聖堂などがあり、文化財として保存・公開されている。 またビザンティン様式は、建築以外に装飾様式のことも指しており、建物内のモザイク壁画や精巧な細工をあしらった家具類などがこれに含まれる。モザイクではイタリア北部ラヴェンナにあるサン・ヴィターレ教会内の装飾が有名である。家具装飾では同じくラヴェンナの国立博物館に収蔵されているマクシミアヌスの司教座の象牙細工が代表的である。 ビザンティン様式が栄えた期間は長く、4世紀頃から15世紀までおよそ千年にわたる。全体を通して緩やかに発展しているが、最も栄えたのは6世紀頃である。
の賃貸(賃貸マンション・アパート)物件情報
いい部屋探すなら、いい部屋ネット!