賃貸・お部屋探しならいい部屋ネットが充実したお得で安心のサービスで快適な住まいをご提供します。

閉じる
閉じる

絶対高さ制限

(ぜったいたかさせいげん)
絶対高さ制限とは、建築基準法第55条により、住居環境をより良くするため、第1種低層住居専用地域や第2層低層住居専用地域において規定されている、建築物の高さの上限を指す。
都市計画により10mか12mのいずれかが設定されていて、容積率関係なく、このサイズより高く設計することはできない。木造住宅なら3階建て、コンクリート造なら4階建て相当の建物になる。制限が設けられている地域では、近隣建物の日照や通風、採光などを確保するための、隣地斜線制限は規定されていない。
絶対高さ制限には例外もあり、建築基準法第55条第3項により定められている。敷地内に広い公園や広場、道路があり、低層住宅の住居環境に悪い影響を及ぼす恐れがない場合には、一部上限以上の高さの建築が認められる。その他、学校のように、用途によりやむを得ないと認められる建築物も例外となる。特定行政庁が建築審査会の同意を得れば、緩和措置が受けられる。
「せ」から始まる用語一覧の戻る
の賃貸(賃貸マンション・アパート)物件情報
いい部屋探すなら、いい部屋ネット!