賃貸・お部屋探しならいい部屋ネットが充実したお得で安心のサービスで快適な住まいをご提供します。

閉じる
閉じる

防火区画検証法

(ぼうかくかくけんしょうほう)
防火区画検証法とは、耐火建築物の防火区画に対し、火災が発生した時に、開口部に設置された防火設備の遮炎性能を検証する建築基準法で定められた方法を指す。現代の密集している住宅状況も踏まえ、火災の拡大を防ぎ、火災を部分的なものに抑えるために設定されている。
建物が、建築基準法に定められた区画を超え、燃え広がらないようにするもののことを、防火区画といい、延べ面積1000平方メートルを超える大きな建築物では、床面積1000平方メートルごとに、主要構造部が耐火構造である建築物では、1500平方メートルごとに防火壁や耐火構造の床などで区画しなければならないと定められている。
「ほ」から始まる用語一覧の戻る
の賃貸(賃貸マンション・アパート)物件情報
いい部屋探すなら、いい部屋ネット!