賃貸・お部屋探しならいい部屋ネットが充実したお得で安心のサービスで快適な住まいをご提供します。

閉じる
閉じる

蒔絵

(まきえ)
蒔絵とは、漆で文様や絵を描き、漆が乾かないうちに金銀の粉や箔を蒔いて表面に付着させ装飾を行う、漆工芸の伝統的な絵付け法を指す。粉を蒔いて絵にすることから蒔絵という名称になった。
基本的技法は大きく分けて平蒔絵、研出蒔絵、高蒔絵の3種類がある。平蒔絵は、漆で絵柄を書いた後に金銀の粉を蒔き、漆で粉固めを行い磨きをかけて金や銀の色の光沢を出して仕上げる、建造物の扉や柱に用いられる一般的な技法である。研出蒔絵は、漆で絵柄を書いた後に粉を蒔き、漆で粉固めを行い全面を漆で塗りつぶし、絵柄を研ぎだして仕上げる。高蒔絵は、漆などを塗り重ね、蒔絵を高く盛り上がらせて立体的な絵に見せる技法であり、印象付けたい部分に施される。
蒔絵は日本独自の技法である。奈良時代に基礎ができ、平安時代では美しく華麗な装飾効果から建築や刀剣類、工芸品全般にも用いられた。高級な建具では、蒔絵が施された引手のある障子や襖などもある。
「ま」から始まる用語一覧の戻る
の賃貸(賃貸マンション・アパート)物件情報
いい部屋探すなら、いい部屋ネット!