賃貸・お部屋探しならいい部屋ネットが充実したお得で安心のサービスで快適な住まいをご提供します。

閉じる
閉じる

航空法

(こうくうほう)
航空法とは、航空機の離着陸時や航行時の安全と、航空機の航行により起こりうる障害の防止を図るために、1952年に定められた法律を指す。
空港などの飛行場の設置許可の告示があった際、それ以降は原則として、航空機の離発着等の障害となることが予想される区域には、決められた高さ以上の建築物等を設置してはいけない。規定の範囲を超えて設置した場合は、空港側から該当物の除去を求められる。また、告示前から該当区域に所有地があり、建築物の制限などにより従来通りの土地利用が不可になる場合は、その土地などの買収を求められる。
近頃では、ドローン、ラジコン機などの無人航空機普及により、航空法の一部が2015年に改正された。無人航空機の飛行時に許可を必要とする空域や、飛行方法についても定められている。また、2019年の航空法改正では、装備品の安全規制などについても制度見直しがあり、無人航空機にも続々と新たな飛行ルールが追加されている。
「こ」から始まる用語一覧の戻る
の賃貸(賃貸マンション・アパート)物件情報
いい部屋探すなら、いい部屋ネット!