賃貸・お部屋探しならいい部屋ネットが充実したお得で安心のサービスで快適な住まいをご提供します。

閉じる
閉じる

星割れ

(ほしわれ)
星割れとは、樹木や木材、丸太の中心部分から外側に向かって、筋がつくように何本もの割れが発生している状態を指す。割れや裂けの数が多く、名称はその割れた状態が星の形に見えることが由来している。樹木の中心部分から発生する心割れがさらに進行すると、星割れになる。
樹木を伐採する際に外部から大きな力がかかることで、伐採後に樹木を乾燥させた時などに星割れが発生する。樹木の芯から発生するため、芯の部分を使用した丸太や木材は星割れが発生する可能性があり、星割れが発生すると、乾燥により割れが進行してしまうため、割れを考慮して製材する必要がある。割れに沿って製材することもあれば、芯の割れを残して製材する場合もある。
初めから芯の部分に星割れや心割れが発生している木材を、芯持ち材と呼ぶ。芯持ち材は同じ材質と比較して安く手に入りやすい、芯の部分を除けばきれいな柾目板が取れるといったメリットがある。
「ほ」から始まる用語一覧の戻る
の賃貸(賃貸マンション・アパート)物件情報
いい部屋探すなら、いい部屋ネット!