賃貸・お部屋探しならいい部屋ネットが充実したお得で安心のサービスで快適な住まいをご提供します。

閉じる
閉じる

仕口ダンパー

(しぐちだんぱー)
仕口ダンパーとは、柱や梁仕口部に専用ネジで取り付ける、木造住宅の倒壊を防止するための耐震補強金物を指す。アクリル系、シリコン系、スチレン系などの高分子材料の粘弾性体を鋼板のような強度の高い金属で挟み込んで作られている。単純な構造で作られた金物だが、ハイテクな制振装置となっている。
建物の中で柱と梁の交差する仕口と言われる部分の強度は耐震性能に関わる。仕口ダンパーを取り付けることで、強風や地震の揺れのようなエネルギーを吸収して、木造建物が変形しようとする力を小さくできる。また、耐震性能が格段に上がる。
木造在来軸組工法なら、新築、改修問わず取り付けられる。1個あたりの重さも1kgほどと軽く、家屋への負担も少ない。天井裏、床下の柱、梁仕口に取り付けるだけなので工期も短く済むというメリットもある。取り付ける数は坪当たり1個程度で、施工後のメンテナンスは不要である。50年以上性能が続くことが公的機関の性能証明で認められている。
「し」から始まる用語一覧の戻る
の賃貸(賃貸マンション・アパート)物件情報
いい部屋探すなら、いい部屋ネット!