賃貸・お部屋探しならいい部屋ネットが充実したお得で安心のサービスで快適な住まいをご提供します。

閉じる
閉じる

下屋

(げや)
別称・略称
下屋根、差し掛け屋根
下屋とは、母屋などから差し出すような形で付けられる屋根を指す。母屋の屋根に対して、一段低い位置に付けられる。見た目は、壁面から突き出すような感じであり、玄関やベランダ、縁側などの屋根をイメージすると分かりやすい。一般的に、雨よけとして付けられるもので、デザイン性などは考慮されないことが多い。
下屋は、どこに取り付けるかにより役割が異なってくる。ベランダや玄関などは、雨よけが主な役割となるが、縁側の場合は雨よけに加え日よけとしての役割も果たす。雨よけの場合は、洗濯物などが雨に濡れるのを防いだり、荷物の受け取りの際に雨に濡れないように防いだりできる。縁側での利用では、外壁や窓への日差しを避け、室内の温度が高くならないような役割をする。
下屋は、屋根の面積が広がることで費用が増し、居住空間が狭まるデメリットもある。さらに、施工が外壁に差し込むような接続方法となるため、つなぎ目からの雨漏りのリスクもある。
「け」から始まる用語一覧の戻る
の賃貸(賃貸マンション・アパート)物件情報
いい部屋探すなら、いい部屋ネット!