賃貸・お部屋探しならいい部屋ネットが充実したお得で安心のサービスで快適な住まいをご提供します。

閉じる
閉じる

ダイオキシン類対策特別措置法

(だいおきしんるいたいさくとくべつそちほう)
ダイオキシン類対策特別措置法は、ダイオキシン類に対する取扱いの基準や規制を定めた法律を指す。
ダイオキシン類は、人間の生命、健康に重大な害を与える可能性がある物質で毒性が強く、発癌性があるとされている。しかし、通常の生活の中で摂取する程度の量では、急激に健康被害が起こるような毒性はない。
ダイオキシン類は、ゴミを燃やすことやタバコの火など、何かを燃焼するときに発生し空気中に放出される。そのため、ゴミの焼却施設などにおいては大量に発生する可能性があり、実際に大阪で高濃度のダイオキシン類が確認された。結果として、基準と規制を定めた特別措置法ができた。
ダイオキシン類対策特別措置法では、特定施設の排出ガスや排出水に関する基準、ゴミの焼却施設から排出される焼却灰の処理方法、汚染土壌に対する措置、1日に摂取しても問題ないとされる耐容量などが規定されている。
「た」から始まる用語一覧の戻る
の賃貸(賃貸マンション・アパート)物件情報
いい部屋探すなら、いい部屋ネット!