住みたい街ランキング2022 自治体ランキング
<栃木県版>

住みたい街1位は東京23区、2位宇都宮市、3位さいたま市。

昨年は栃木県内の自治体のみを対象として集計していましたが、今年は全国の自治体を対象とした結果、上位5自治体のうち3自治体(東京23区、さいたま市、横浜市)が県外の街という結果となっています。「住みたい街が特にない」57.9%、「今住んでいる街に住み続けたい」16.5%の合計が74.4%で、昨年に引き続き、今住んでいる街を評価する結果となっています。

  • 「住みたい街ランキング」は、2022年の回答のみを集計しています。
  • 「住みたい街(自治体)ランキング」は、栃木県居住者の2022年回答を全国の自治体を対象に集計しています。

2,884名は
どうやって評価した?

栃木県居住の20歳以上の男女、2022年の2,884名を対象に集計。住みたい街ランキングは、入力された自治体名をもとに複数の候補を表示し選択してもらうフリーワード・サジェスト方式の回答から投票数を集計して作成。

賃貸未来研究所
昨年順位
-位

東京都 東京23区

TOKYO-NIJUSAN-KU | 
Google map
得票率
3.1%

東京23区は特別区と呼ばれる各区が独立した自治体です。千代田区、中央区、港区を都心地域、新宿区、文京区、渋谷区、豊島区の4区を副都心地域で、これらの地域を取り囲むように山手線が走っており、鉄道、高速道路、地下鉄などが網の目状に張り巡らされています。東京湾に面した再開発地域もある一方、神社仏閣なども多く残っており、新旧の観光名所が数多くあるエリアです。

居住者コメント
  • 使える駅と路線が多く、電車でのアクセスがしやすい。渋谷や新宿は地下鉄一本で行けるし、東京駅までも2本使うが乗り換えが便利で15分程度でいけてしまう。新幹線を利用して旅行など、荷物が多い時にはタクシーを使っても2000円もかからない。区役所、免許センターなどへのアクセスもよい。皇居が近く、ランニングやウォーキングも行きやすいし、皇居の緑で空気も良く感じる。飲食店も多く、平日は食事をするところに困らない。ウーバーイーツやプライムナウなどのデリバリーも対象範囲のため、そういうサービスも利用しやすい。
  • 近くに大きな公園や緑道があり、自然が多い地域だと思います。気分転換に散歩に出かける事もできるし、家族連れの方も、多く遊びに来ています。現在はできませんが、春には出店が出てお花見をすることができ、毎年楽しみにしていました。住んでいる周辺にはお店があまりありませんが、歩いていける距離に大型スーパーや大型施設がいくつかありますし、交通機関を使えばすぐに都心に出ることができ、遊びに行ったり買い物に行ったりするには便利な場所です。
  • デパートや商業施設などが充実しているターミナル駅まで自転車でもいけて、電車でもすぐなこと。家の周りが閑静な住宅地で静かなこと。治安がよいこと。近所の人が良い人ばかりで住みやすいこと。最寄り駅がJR、都営、私鉄、と3つあり、都内の様々なところをはじめ、近県へ出るのにもかなり便利なこと。大型の車が入ってこないこと。病院や教育施設、公共施設が充実していること。ネットスーパーや宅配がよりどりみどりで選択肢が多いこと。
昨年順位
1位

栃木県 宇都宮市

UTSUNOMIYA-SHI | 
Google map
宇都宮市
得票率
2.7%

県の中部に位置する県庁所在地で、中核市に指定されています。東北新幹線やJR宇都宮線、関東バスなどが通っており、交通利便性の高いエリアです。近年は餃子の街として有名で、観光客数が増加しています。

宇都宮市は栃木県のほぼ中央に位置しており,東京駅から最短約48分でアクセスできます。待機児童ゼロや高校3年生相当までのこども医療費の無料化などの子育て環境,利便性が高く自然豊かな住環境などを高く評価いただいており,「共働き子育てしやすい街」や「住みよさ」など,各種民間ランキングで常に全国トップクラスにある,子どもから高齢者まで暮らしやすいまちです。

居住者コメント
  • 交通の便は良いと思う。駅までのバスも頻繁に出ているし、自家用車でも幹線道路へ出やすいと思う。中心地のため、イベントが開催されることが多いが徒歩で気軽に行けるから良い。スーパーやデパート、銀行も徒歩圏内にあるから助かるし、大手コンビニがほとんど揃ってる。
  • 程よい田舎さと便利さがあり、買い物などに不便を感じない便利さがある中、大規模な公園なども多いので、子育て中の身としては生活しやすい点。他地域の出身だが、方言も強くなく、転勤族も多いため肩身の狭い思いもすることがなく過ごせる。
  • 病院や幼稚園等が多くて子育てがしやすい。医療費等の助成も助かる。地域の公共施設が使いやすい。自然の多さと災害の少なさも安心できる。水や農作物がおいしいし、食品の物価も安い。
昨年順位
-位

埼玉県 さいたま市

SAITAMA-SHI | 
Google map
得票率
1.2%

さいたま市は、関東地方の中央部に位置し、埼玉県の南東部に位置する市です。埼玉県の県庁所在地及び最大の都市で、政令指定都市でもあります。東北・上越などの新幹線6路線を始め、JR各線や私鉄線が結節する東日本の交通の要衝となっています。中山道の宿場町として発達してきた歴史を持ちあわせた市です。

さいたま市は交通アクセスの良さや都市と自然が共生する魅力あふれるまちです。「住みやすい」「住み続けたい」と感じる市民の割合は85%を超え、人口増加数・転入超過数が全国1位になるなど、さいたま市の「住みさすさ」は市内外から高く評価されています。「みんなが、のびのび、暮らせるまち。未来に向かって、伸びて伸びて、いくまち。」をコンセプトに、これからもさいたま市は住みやすいまちづくりを進めていきます。

居住者コメント
  • 総合的に住みやすい街。公園が多く子供の住環境という観点からも良い。小さな商店が多く、車で少し移動すれば大型スーパーやショッピングモールにもアクセスがいい。交通の便は、JRが2線乗り入れしておりどこへ行くにも便利だし、都心まで40分弱という距離感も最適。車での移動も、近くに外環自動車道が通り千葉方面も東北方面も移動がスムーズにできる。
  • 都心へのアクセスが良い。始発がある。大きすぎない最寄駅。映画館やデパート、商店街までも自転車圏。大きな公園や競馬場も自転車で簡単にいける。道幅が広く子どもと歩きやすい。スーパーやコンビニ、飲食店、パン屋などが生活圏にたくさんあり楽しい。役所や図書館、学校が近くて便利。
  • 近隣の方との距離感が煩わしさがなく、ほどよい。スーパーなど、生活に必要なお店が徒歩圏内にあり便利。自転車で10分程度の距離に百貨店や専門店など大型店舗がある大きな駅があり、買い物や移動にも便利。地盤が強く、比較的高地にあるらしく、災害に対して安心感がある。
順位 昨年 県名 自治体名 得票率
1位 - 東京都 東京23区 3.1%
2位 1位 栃木県 宇都宮市 2.7%
3位 - 埼玉県 さいたま市 1.2%
4位 - 神奈川県 横浜市 1.1%
5位 2位 栃木県 小山市 0.7%
6位 - 宮城県 仙台市 0.5%
7位 - 沖縄県 那覇市 0.4%
- 神奈川県 鎌倉市 0.4%
9位 3位 栃木県 那須塩原市 0.3%
4位 栃木県 栃木市 0.3%
11位 - 群馬県 太田市 0.3%
11位 - 沖縄県 沖縄市 0.3%
11位 - 北海道 札幌市 0.3%
14位 - 茨城県 つくば市 0.2%
15位 10位 栃木県 日光市 0.2%
15位 - 千葉県 浦安市 0.2%
15位 - 福岡県 福岡市 0.2%
18位 - 岩手県 盛岡市 0.2%
18位 - 東京都 武蔵野市 0.2%
18位 10位 栃木県 鹿沼市 0.2%
気になる11-18位は?
PAGE TOP