住みたい街ランキング奈良県版

住みたい街
「自治体」ランキング
奈良県版・2020

大東建託株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:小林克満)は、過去最大級の居住満足度調査を行い、
「いい部屋ネット 住みたい街ランキング2020<奈良県版>」 として集計しました。

総 評大東建託「賃貸未来研究所」

住みたい街は、県庁所在地の「奈良市」が1位

住みここち6位の奈良市が得票率1.4%で1位、2位は住みここち5位の橿原市、3位は住みここち1位の北葛城郡王寺町となっています。“現状肯定派”が主流で、「住みたい街は特にない」:52.5%、「今住んでいる街に住み続けたい」:21.5%、合計74.0%と高い比率になっています。

1,672名はどうやって評価した?

奈良県居住の20歳以上の男女、2019年度・2020年度累計4,304名の回答を「住みここち」として集計し、2020年度回答者1,672名の回答を「住みたい街」として集計。住みここちランキングは現在居住している街についての「全体としての現在の地域の評価(大変満足:2 満足:1 どちらでもない:0 不満:-1 大変不満:-2)」の平均値を集計して作成。住みたい街ランキングは、フリーワード・サジェスト(入力された単語をもとに複数の候補を表示する)方式の回答をもとに投票数でランキング。

前年度順位
1位
奈良市

NARA-SHI |  | MAP
得票率 1.4%
奈良市

京都府に接した県の北端に位置し、県庁などの行政機関が集まる県の中心地。奈良時代に「平城京」が置かれた古都で、国の名勝「奈良公園」には「東大寺」や「薬師寺」、「興福寺」、「春日神社」など数多くの文化遺産が集まっています。 奈良公園の東にある「若草山」は、「新日本三大夜景」に選定されています。

前年度順位
1位
橿原市

KASHIHARA-SHI |  | MAP
得票率 1.4%
橿原市

県のほぼ中央に位置し、奈良市に次ぐ第二の人口都市。奈良盆地の南部には大和三山(畝傍山、耳成山、香具山)がそびえ、観光地としても有名な橿原神宮もあり、歴史の趣が感じられる街です。JR桜井線と近鉄2路線が走っているほか、国道24号、165号、169号と道路網も発達しており、近畿一円の都市へのアクセスに優れたエリアです。

前年度順位
1位
北葛城郡 王寺町

OJI-CHO |  | MAP
得票率 0.7%
北葛城郡 王寺町

県の北西部に位置。明治時代に県内で初めて鉄道が開通した町で、奈良と大阪を結ぶ交通の要衡地として発展しました。大阪市や奈良市へのアクセスが良く、交通利便性の良い町です。達磨寺など、聖徳太子ゆかりの町としても知られています。

順位 昨年 自治体名 得票率
1位 1位 奈良市 1.4%
2位 2位 橿原市 1.4%
3位 10位 北葛城郡 王寺町 0.7%
4位 3位 生駒市 0.5%
5位 4位 香芝市 0.5%
  • 評点とは、今住んでいる地域の評価(MAX2、MIN−2)の平均値を示したものです。
  • 偏差値とは、評点の平均値が50になるように変換し、評点の数値が評点の平均値からどの程度隔たっているのかを示したものです。偏差値が同じ場合、小数点2位以下が異なります。
  • 「住みここちランキング」は、2019年度と2020年度の回答を累積して集計し、「住みたい街ランキング」は、2020年度の回答のみで集計しています。
  • 県内のみを集計対象とした順位。

全調査結果データはこちら

PAGE TOP